不動産取引のチェックポイントを紹介。 あなたの為に専任媒介契約をおすすめします。

場所の選定 将来性、生活環境、交通の便、給排水、学校、買物
家族構成 将来の家族構成はどうなるのか。
資金計画 手持金、借入金はできるだけ長期低利を、まず社内、銀行その他


建築許可

地目が宅地でも、建築許可にならない土地があります。

通行権

公衆用道路に見えても、実は特定の人の所有権、その他で通行できない 場合があります。


業者の資格 正規の登録業者であること
業者の実績 業者の質と地域の評判と、優良実績を残しているか?
保証能力 有形・無形の保証が果たしてどこまで出来るか?
トラブル 過去において裁判事件等は起こしていないか?
アフターサービス 建築後どの程度アフターサービスをしてくれるか?


環境 周囲の環境はどうか、今後どう変化していくか?
交通 今後交通の便は良くなるか、悪くなるか?
自然 夜間の騒音等はどうなるか、風水害の危険等は心配ないか?


登記簿 権利関係は先ず、法務局に新しい謄本を取って見ること。 詳しくは専門業者に説明を受けて下さい。
法律関係 都市計画法、建築基準法、国土法、農地法、道路法その他 詳しくは宅地建物取引主任者により、物件説明書等により説明を必ず受けて下さい。


本人の確認 代理契約の場合は、必ず本人の意志確認を取ること。
サイン 売買契約書は、必ず本人の署名、押印を行うこと。
地番の確認 所在地を正確に記入しているか、謄本と照合してください。
その他 報酬(仲介手数料)



心掛け

不動産取引TOPへ戻る